飲食店でのバリスタ求人

飲食店でのバリスタ求人について


今はカフェもだいぶ多くなりました。昔ながらの喫茶店だけではなく、チェーン店である海外の有名コーヒー店もたくさん店舗があり、また、日本のカフェチェーンも数多くあります。それらの有名チェーン店ばかりではなく、最近では名古屋型モーニングを出すようなカフェチェーンも増えています。

こういったカフェで働きたいと思う方もいることでしょう。飲食店での求人になりますが、コーヒーをいれる人のことをバリスタと呼びます。バリスタの資格もありますが、これらのコーヒー店で働きたい場合、バリスタの資格は特に要らないでしょう。その店独自のコーヒーのいれ方があると思われますが、入ってみて、身につけていけばそれで良いと思われます。これだけ街にコーヒー店があふれていると、飲食店での求人も数多くあります。コーヒー好きな人はもちろん、カフェ好きな人も働いてみたいと思うでしょう。

コーヒーの香りは、とても香りがよく、香りだけでも癒されます。美味しいコーヒーをいれてみたいとも思うでしょう。もし、カフェで働いてみたいと思い、好きなカフェがあるならば、実際にそこで求人募集しているか聞いてみたらいいと思われます。どうせなら自分の好きなカフェで働いてみたいと思うでしょうし、カフェにも雰囲気があり、空気も重要だからです。カフェというのは、ただコーヒーを飲みに入るだけではなく、ちょっとした軽食や昼食なども出します。求人がある場合、バリスタとしてだけではなく、ホールもやったり、会計もやったりしなければならないかもしれません。

いわば、厨房とホールの仕事があり、どちらの求人があるのか、先に調べておく必要があります。カフェといえども飲食店なので、けして綺麗なばかりの仕事ではないかもしれません。皿洗いや人の飲食したものの後始末、一見、おしゃれで華やかな仕事に思えるかもしれませんが、実際に、中に入ってみると、汚いこともあるかもしれません。それを頭に入れておくことも大切です。バリスタの仕事というと、コーヒーを美味しくいれるだけではなく、コーヒーの表面に絵を描いたり、コーヒーアートというものもあります。個人で行っているような、一軒家のカフェのようなところでは、コーヒーアートをしてコーヒーを出すようなお店もあるかもしれません。興味がある人は、資格の勉強をしたり、資格を取ってから求人募集に応募してみると、入りやすいかもしれません。知識として、カフェで働こうという人は持っていて損は無いと思われます。”