飲食の求人で電話をする際

飲食の求人で電話をする際の注意点


飲食求人は求人情報誌などに常に多く掲載されており、初めてのアルバイトは飲食業だったという人も少なくありません。
アルバイトなどであれば未経験でも簡単に応募することができるのですが、だからと言って求人情報を見て電話をする際にはしっかりとマナーを考えなくてはなりません。
飲食業の求人を見て電話する際にチェックしておきたいマナーとなるのは、主に三つのポイントです。

まず一つ目のポイントとなるのが、忙しい時間帯を避けるということです。
特に午前中から深夜まで営業をしているファミリーレストランなどの場合には、来客が増える時間に電話をすると、それだけで迷惑になってしまうこともあります。
一般的な飲食店としては11時ごろから14時ごろまで、17時ごろから20時ごろまでは忙しい時間帯となっていますから、こうした時間に連絡をすることは絶対に避けるようにしなくてはなりません。

次に二つ目のポイントとなるのが、しっかりとした言葉づかいを心掛けることです。
例えば相手が電話に出た時はまず、求人情報を見て連絡していることと自分の名前を伝えそして求人情報誌に掲載されている担当者に取り次いでもらうようにお願いしましょう。

特に自分の名前も名乗らずに取り次ぎをお願いするなどになると非常に失礼ですから、この点は注意が必要です。
そして最後の三つ目として注意しておきたいのが、しっかりとメモを取ることです。
求人情報を見て連絡をした際には、その連絡の中で面接の日程や面接に必要な物などが伝えられます。

直前になって面接の時間を忘れてしまった、何を持っていけば良いのか忘れてしまったということになると二度手間になってしまいますし、もう一度確認をするのも非常に失礼なことになります。
メモを取り損ねてしまったという場合にはもう一度連絡をして確認するほかありませんが、その時には必ずお詫びの言葉を添えるようにしてください。

飲食業界の求人は多く出されており、また未経験者であっても歓迎されるために多くの人が求人に応募しています。
しかしいくら気軽に応募できるからと言って、失礼なことをして良いというわけではありません。
普段は自分がお客様であったとしても、面接を受けるのであれば相手は上司になるかもしれない人です。
マナーを忘れてしまうと採用されていたものが採用されないということにもなりかねませんから、失礼のないように基本をしっかりと確認しておくようにしましょう。”