飲食店でのソムリエの求人

飲食店でのソムリエの求人について


街にはイタリア料理店やフランス料理店があふれています。飲食店での求人も数多いです。ソムリエの求人もあることでしょう。ソムリエになる為には資格はあった方がいいかもしれません。飲食店での仕事はホールが専門ならば、ワインの給仕をするだけではなく、食事を運んだり、片付けもします。お客さんによっては、ワインリストを見て、どれがいいのか、お勧めなのか、聞いてくる人もいることでしょう。ワインの知識はお店に入ってからでも勉強することができますが、ソムリエの仕事をしてみたいならば、知識として持っていた方がいいかもしれません。

ソムリエになる為には、ワインの給仕の仕方、ワインの種類、ワインと料理の組み合わせや相性など、専門的な知識が必要です。資格を持っていたら、イタリア料理店やフランス料理店の高級なお店の求人にも有利かもしれません。資格がなくても、店によっては、入ることが出来、仕事を身に付けながら覚えていくことも出来るでしょうが、知識として、専門的になるので、入る前に自分で勉強し、知識として持っていた方がいいかもしれません。通信教育や専門の学校で学ぶことができます。

知識を持っているならば、飲食店での求人にも強く、実際に入って働いてみても、知識を生かすことが出来るでしょう。チーズなどの種類なども知っておいたほうがいいかもしれません。ワインとチーズは最高の組み合わせで、お客さんがチーズの盛り合わせなどを頼んで、合うワインを選ぶのにどうしたらいいかなどを聞かれた時、答えることが出来るからです。

ソムリエの仕事は、ワインオープナーでワインを開け、お客さんにテイスティングをしてもらいます。ワインを開ける時、お客さんはワインの開け方を見ている場合も多いので、緊張したりして最初は大変かもしれません。慣れないと、こぼしてしまったり、開け方が下手だと、スマートではありません。洗練された、流れるような動きは経験と自信から来るものです。

飲食店で働く場合、最初はやはり知識があった方が便利で、有利だし、仕事としてもやる気に繋がると思われます。飲食店では、ワインの給仕をするばかりではなく、普通にホールの仕事も任されると思われるので、運び、片付け、会計と一通り、やることになるでしょう。飲食の仕事というのはけして、綺麗なばかりの仕事ではないです。表面的な華やかさばかりで入って、内情を知ってがっかりということがないように、お客さんの食べ残しの後片付けなどもすることを考慮して覚悟して臨んだ方が良いと思われます。”