業態開発の求人のポイント

飲食業の業態開発の求人のポイントについて

飲食業はその業態開発が非常に難しい業種のひとつです。同じような業態を取っていてもその立地や周辺環境により大きく売り上げが異なるため、周辺環境調査や客層の把握など、調査確認しなければいけない項目が多いため、その開発に携わる優秀な人材を求人することが必要になります。単に店舗従業員を求人するのとは異なり、その後の店舗の売り上げにも大きく影響することなので求人する人材については十分な要件を決める必要があります。

業態開発に重要なことは、基本はその飲食店のコンセプトを中心にしながら、立地条件や周辺の客層に合わせた店舗づくりやメニュー開発などを如何に適用させるか、と言ったところにあります。例えば、高齢者が多い地域では比較的食べやすいもの、柔らかいものをメニューの中心になりますが、単純にメニューを変えればよいというのではなく、メニュー自身の名称も比較的短い憶えやすいものにしなければ受け入れてもらえません。さらに、写真も大きく分かりやすいものにするなどの工夫も必要になります。また、店舗のバリアフリー化、座席の座りやすさなども重要なポイントになります。これらのアイディアをどれだけ生み出し、またどれだけ実現できるかが業態開発における重要な分かれ目になるのです。

また、単純に高齢者に受け入れられれば良いというだけではなく、さらに他の客層にも受け入れられる様な形にする必要があります。また同業他社との差別化も必要になります。その為、高齢者という一方向の見方だけではなく、他の客層にも受け入れられる柔軟性と、個性を打ち出すオリジナリティが必要になるのです。

その為、飲食の求人に於いては、柔軟な感性を持つ人材を求めることが要求されます。もちろん、実際の決定や判断はマネージャークラスが行う必要があり、調査を行う人材を求人する場合も有りますが、この人材においても単に情報を集めるだけでなく、その情報の意味をある程度理解できる人材を集める方が、より効率の良い情報収集と判断が出来るようになります。

飲食店は比較的簡単に運営できる、特にチェーン展開されている店舗の場合にはそのマニュアル通り営業すれば利益が上がると誤解されがちです。しかし飲食店の成否は、立地条件に合わせた柔軟な対応と、明確なコンセプトを維持する二面性を両立させることが重要になります。その為、業態開発に於いてはその二面性をどの様に融合させ、新たなメリットを産み出すことが最も重要で有り、このような事の出来る人材を求人することが重要な要素になります。”

  • 飲食店でのソムリエの求人

    飲食店でのソムリエの求人について 街にはイタリア料理店やフランス料理店があふれています。飲食店での求人も数多いです。ソムリエの求人もあることでしょう。ソムリエになる為には資格はあった方がいいかもしれません。飲食店での仕事 …

    続きを読む...